YAMAHAのスポーツコミューター「TMAX」が、1955年から続く世界最大のデザインコンベンション、「レッド・ドット・デザイン・アワード(red dot design award)」で、プロダクトデザイン2012を受賞した。


「レッド・ドット・デザイン・アワード」は「Design Zentrum Nordrhein Westfalen」が 年1回主催する世界的に権威あるデザイン賞で、プロダクトデザイン、コミュニケーションデザイン、デザインコンセプトの3部門が設けられている。プロダク トデザイン部門は過去2年間に発売された製品が対象とされ、革新性、機能性、品質、人間工学などの9 つの基準から審査が行われ、受賞製品が選定される。

「TMAX」は、欧州で高い評価を得ているスポーティーコミューター。オートマチック・スーパースポーツをコンセプトに、アルミフレーム、バイクと同様の上下 クランプのフロントフォーク、リジッドマウントのエンジン、ラジアルタイヤが奢られたスクーター超えのスクーターである。530cc直列2気筒エンジンに CVTが組み合わされ、オートマチックながらその高い動力性能とスポーティーな走りで人気のモデル。

欧州仕様の2012年モデルは、フルモデルチェンジされ、エンジンと駆動系の改良によって一段と走行性が向上している。デザイン的にも前後のホイールを視覚的に繋ぐ特徴的なデザインを継承しながらよりアグレッシブな造形が採用されている

2000年の発売から、早くも12年を経た今でも、内外で根強い人気を保ち続けるこのモデル、その高い走行性能だけでなく、この受賞によってデザイン的にも優秀性を証明されたことになる。

2012年度の受賞製品は、7月2日にドイツ・エッセンの「レッド・ドット・デザインミュージアム」で行われる授賞式に特別展示される。

Related Gallery:YAMAHA TMAX


【PR】 ゴルフGTIの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!