【レポート】新型「ゴルフGTI」は現行と比べて50psアップ!
フォルクスワーゲン「ゴルフ」の高性能版、「GTI」の次世代バージョンが今秋登場すると、イギリスの自動車メディア『Autocar』が報じている。新型ゴルフGTIは、2リッター4気筒ターボエンジンを搭載し、現行モデルを50ps上回る264psを発揮するという。

更に、フォルクスワーゲンの関係者によれば、新たに電子制御式フロント・ディファレンシャル「VAQ」も装備され、より機敏なハンドリングが可能になるとのこと。また、シャシーは引き続きゴルフをベースにするが、軽量化のためにフロアパンとルーフはアルミ製になるという。

Autocarの記事が事実なら、新型ゴルフGTIは、昨年発売されたゴルフGTI誕生35周年記念モデルを凌駕する最強モデルとなり、プレミアムスポーツバージョンの「ゴルフR」並みのパフォーマンスを実現することになる。

新型ゴルフGTIは、9月開幕のパリモーターショーでデビュー予定だ。いまから楽しみに待っていよう。

Related Gallery:Relightable Dome


By Jeff Sabatini
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【ビデオ】NASAの太陽観測衛星がとらえたスーパーハイビジョンで見る「金星の太陽面通過」
【PR】 ゴルフGTIの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!