【スパイショット】より大きくなった!? ホンダの新型「アコード」の試作車をキャッチ!
ホンダは得意とするミッドサイズセダンの分野で最近、フォードヒュンダイ起亜といったライバルメーカーから猛烈な追い上げを食らっている。だからこそ新型「アコード」の開発にかけるホンダの意気込みは並々ならないものがあるだろう。今回は、CVT(自動変速機)と新スポーツパッケージの採用が発表された新型アコードの試作車の写真を入手したのでご紹介しよう。

試作車はルーフ以外をすっぽりと覆われているものの、ハチの巣状のロワーグリルが、今年1月のデトロイトオートショーで公開された「アコードクーペ」のコンセプトモデルと同型なのが見て取れる。また、羽状のアッパーグリルはホンダの新型「クロスツアー」と似ているようだ。

そして最も気になるのは、新型アコードのサイズだ。現行モデルはミッドサイズを謳っているが、やや小型のラージセダンくらいの大きさはある。写真を見る限り新モデルはより大型化しているように見える。だが、4気筒と6気筒のどちらのモデルも直噴エンジンとCVTを搭載することから、車体が大きくても燃費効率を高められるそうだ。

では、ギャラリーで新型アコードの試作車をチェックしてみよう。

Related Gallery:Nuevos televisores Mitsubishi Serie iSP 149


By Jeff Sabatini
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】アコードの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!