【レポート】フィアットとクライスラーの工場でマツダ車を生産!?
フィアットのセルジオ・マルキオンネ最高経営責任者(CEO)が、マツダとの提携について今後一層の拡大を図っていくという意欲を示した。

マルキオンネ氏は先日、フィアット傘下のアルファロメオがマツダの次世代「MX-5ミアータ」(日本名:ロードスター)をベースに、新型スポーツカーを共同開発するための協議を開始したことを発表したが、フィアットはさらにマツダ車を世界各地にあるフィアットおよびクライスラーの工場で生産することも検討しているという。

マツダとの提携が拡大されれば、フィアットにとっては減産に伴って稼働していなかった製造ラインの再開につながり、マツダにとってはプラットフォームを共有することで開発費を抑えることができる。これはマルキオンネ氏の意向だが、同様の協議重ねられれば、合意に達するのも時間の問題かもしれない。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】マツダの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!