フェラーリ版より魅力的!? 「アバルト695マセラティ・エディション」がデビュー!
フィアットが3月に開催されたジュネーブモーターショーで発表した「アバルト695マセラティ・エディション」が、いよいよお膝元のイタリアで公開するというニュースが入ってきたのでご紹介しよう。

「アバルト695マセラティ・エディション」はエンゾ・フェラーリが「世界で一番美しいレース」と言った、クラシックカー・レースの「ミッレミリア」がスタートするイタリア北部の町、ブレシアの広場に展示される予定だ。フィアットが2010年にフェラーリとのコラボレーションで生産した「アバルト695トリブート・フェラーリ」は、高額な値段にも関わらず世界的に大人気となったが、今回のマセラティとのコラボレーション・モデルにもイタリアのみならず世界中のファンが熱狂するはずだ。

ベース・モデルとなったのはコンバーチブルの「アバルト500C」。それにマセラティらしいデザインが随所に付け加えている。外装はマセラティの代表的なカラーである「ポンテヴェキオ・ボルドー」で、ソフトトップの色はそれにマッチしたグレー。また、黒をアクセントにあしらったサンドベージュのインテリアにジャガー・ルクルトの計器が引き立っている。17インチのホイールとテールエンド・パイプもマセラティのデザインに倣った仕様だ。

搭載されている1.4リッター直列4気筒ガソリンターボ「Tジェット」の最大出力は182ps。トランスミッションには「アバルト・コンペティツィオーネ」と呼ばれるパドルシフト付き2ペダル式MTを採用。ブレーキはブレンボ製で、トリブート・フェラーリよりも大径のディスクが装着されている。

同車は、499台の限定発売で、ドアシルプレートには1から499のシリアルナンバーが付くという。残念ながら販売はヨーローパが中心となるので、日本に何台が輸入されるのかは分からないが、まずはギャラリーに用意した写真で楽しんでいただきたい。詳細が気になる方はプレスリリース(英語)をチェックしてほしい。

Related Gallery:Adaptador Logitech Harmony para PlayStation 3 ya a la venta


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 アバルトの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!