【ビデオ】ヘラジカと衝突し、車は大破、ドライバーは首を骨折! でもそのまま出社!?
カナダで驚きのカーアクシデントが起こったというニュースが入ってきたのでご紹介しよう。

CNNによると、カナダ人のミシェル・ヒギンズさんは出勤途中、ニューファンドランド州のハイウェイでヘラジカをはねた。ヘラジカは事故の衝撃で死に、ヒギンズさんのクライスラー「セブリング」もフロントガラスが粉々に砕け、ルーフもめくれあがるという全損状態に。しかし、何とヒギンズさんは、衝突後40kmも走行し、定時に出社したという。

驚いたのは会社の同僚たち。首は不自然な角度に曲がり、顔からは血を流し、額にはヘラジカの足跡がくっきり残っている彼女の姿に、一同唖然。急いで救急車を呼んだそうだが、当の本人は事故時の記憶を失っており、何も覚えていないという。

ヒギンズさんはその後、緊急手術を受け、いまだ全快には至っていないが、元気にCNNのインタビューに答えている。カナダではヘラジカとの衝突事故は珍しくないが、それにしても不思議なことが起きたものだ。




By Jeff Sabatini
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 フォルクスワーゲンの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!