シューマッハがスポーツ長者番付で2位に! トップは巨額慰謝料を払ってもやっぱりあの人!!
英『サンデー・タイムズ』紙による毎年恒例の世界のスポーツ選手長者番付で、F1レーサーのミハエル・シューマッハが総資産額5億1000万ポンド(約655億円)で、ゴルフのタイガー・ウッズに次ぐ第2位にランクインしたことが分かった。

この長者番付には、競技活動による年棒や賞金、事業・広告活動の他、投資などによって得たすべての資産が含まれている。今年はランキング上位20名の大半をゴルフ選手が占めており、それぞれの資産額はトップのタイガー・ウッズが5億3800万ポンド(約691億円)、第4位のアーノルド・パーマーは2億3000万ポンド(約295億円)、第9位のグレッグ・ノーマンは1億7400万ポンド(約223億円)、第11位のジャック・ニクラウスは1億5800万ポンド(約203億円)という結果になっている。

惜しくもタイガー・ウッズに敗れたシューマッハだが、F1レーサーの中では飛び抜けた総資産を誇っている。ちなみに、フェルナンド・アロンソキミ・ライコネンはニューヨーク・ヤンキースのエース左腕、C.C.サバシアと共に総資産1億ポンド(約128億円)で第18位にランクインしている。また、同じモータースポーツ界では、NASCARで絶大な人気を誇るデイル・アーンハートが、アロンソとライコネンを上回る1億8500万ポンド(約238億円)で第6位に輝き、バスケットボールのスター選手、コービー・ブライアントと並んでいる。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 新車の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!