【ビデオ】ツインターボ化で507psに! 北米日産
北米日産は現在、ファン投票で人気を得たパーツを使って「370Z(日本名:フェアレディZ)」をカスタマイズするという「プロジェクト370Z」を進行中だ。今回は、その製作の過程を収めたビデオの第1弾をご紹介しよう。

このプロジェクトは今年2月に始動。「日産パフォーマンス」のフェイスブックを通して、北米日産が2013年モデルの370Zに施すカスタマイズプランを提示し、ファンの意見を募ってきた。現在、投票は締め切られ、今月17日に米ノースカロライナ州で開催されるZファンの集い、「ZデイZ」でのお披露に向けて、究極のモデル作りが進められている。

今回ご紹介するビデオでは、エンジニアが370Zを解体し、ファンに選ばれたパーツを装着していく様子が収められている。例えば、投票で60パーセントの支持を得たグレッディ製ツインターボキットは、3.7リッターV6エンジンが生み出す最高出力336psを507psにまで向上させる。そして同じく投票で選ばれた、排気をよりスムーズにするグレッディ製のTi-Cキャットバック・エキゾーストも取り付けられた。

では早速、カスタマイズの第1段階が収められたビデオをチェックしてみてほしい。 引き続き、フェイスブックページではビデオや関連情報がアップされていくそうなので、そちらも忘れずにチェック!




By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】日産車の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!