【ビデオ】全米最長サーキットの走り方をキャデラックチームがレクチャー!
先月、全米最長のサーキットとして有名なユタ州トゥーレにあるミラー・モータースポーツパークで、ALMSとインディカーの共催レース、ピレリ・ワールド・チャレンジが開催された。レース前のサーキットでレース車両「CTS-Vクーペ」の調整を行なったキャデラックレーシング・チームがラップの様子を撮影し、プロドライバーによる解説を加えている映像をリリースしたのでご紹介しよう。

解説を担当したのはキャデラックレーシングのアンディ・ピルグリムとジョニー・オコネルの両選手。コーナリングや路面状況、ブレーキのタイミングまで丁寧に解説してくれている。この映像を見れば、きっと新人ドライバー気分を味わえるだろう。

ちなみにレースの結果はオコネルがポルシェ「911 GT3」に次ぐ2位、ピルグリムは惜しくもシボレー「コルベットZ06」におよばず4位となった。




By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 キャデラックの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!