【ビデオ】588psで5万4000ドルという超お買い得車、「カマロZL1」がゼロヨンで11秒93を達成!
ハイパフォーマンスカーとして知られる新型シボレー「カマロZL1」。このマシンが前回アリゾナで出したクォーターマイル(約400m)の記録は12秒台の半ばだったが、満を持して臨んだ今回のアタックでついに12秒台を切ったというのでご紹介しよう。

今回の舞台となったのはミシガン州にあるミランドラッグウェイ。ここでシボレーは、オートマとマニュアルの2台でタイムアタックに臨んだ。その結果、オートマ車のタイムは11秒93、最高速度は約187km/h、マニュアル車のタイムは11秒96で最高速度は約188km/hを記録した。

前回の12秒台半ばという記録も、公道用のラジアルタイヤを履いていたにしては驚くべき結果だったが、今回のZL1は、ハイパフォーマンスが得られるというグッドイヤーイーグル社のF1 Supercar G:2タイヤを履いていた。また、シボレーはミッキートンプソン社のドラッグレース用タイヤを履いても挑戦したのだが、こちらは0.1秒ほど記録に及ばなかったという。

直線のドラッグレースで記録を出したとなるとカーブのあるコースでのラップタイムが気になるところだが、GMの発表によるとZL1のニュルブルクリンクでのタイムは7分41秒27とのこと。ZL1はサーキットでも直線でもパワーを十分に発揮できるマシンだと言えるだろう。それにしても米では5万4000ドルからというこのZL1。このパワーとこの速さでこの価格はまさにお買い得といえるだろう。日本への導入はいまのところ未定だが、ぜひ導入を検討してもらいたい。

それでは、ZL1のクォーターマイルアタックの模様をビデオでチェックしてみよう。

Related Gallery:2012 Chevrolet Camaro ZL1 First Drive Photos




By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 カマロの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!