【噂】新型「WRX」は電動ターボチャージャーを採用!?
2013年に発売予定のスバルの新型「WRX」に、排気ガスを利用するこれまでのターボチャージャーに変え、電気式の新しい過給システムが搭載されるという情報が入ってきた。

豪紙『シドニー・モーニング・ヘラルド』によると、富士重工は電動式のターボチャージャーの開発に取り組んでいるという。この新しい方式は、排気ガスの加圧を利用してタービンを回転させる代わりに、エグゾーストからの熱を電気に替えて、インペラを回転させるというもの。これにより効率が上がり、また、ターボラグを防げるのだという。

話を聞く分には非常にうまく出来ているように聞こえるが、新たなテクノロジーをこの人気のパフォーマンスカーで試すというのはちょっと気がかりでもある。もちろん、300万円台の車にBMW 「M3」並みのパフォーマンスを実現させられるというなら話は別だ。今後の情報が楽しみだ。

Related Gallery:2011 Subaru Impreza WRX Review Photos


By Jeff Sabatini
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 WRXの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!