いつもだったら発売されてから告知してたけれど、今回は発売前に情報を入手することができたので、早速お知らせをしよう。Autoblogの読者は、たびたびこの缶コーヒーについてくるオマケのミニカーの記事を見たら、コンビニエンスストアに探しに行くってことはすでに分かっているのだから、きっと嬉しい話だと思う。


このキャンペーン企画のミニカー。気になる中身だが、内容は、ランボルギーニのアニバーサリーセレクション。スーパーカーブームの火付け役となったカウンタックを含めて、人気の高い車種がセレクトされている。「ミウラP400」、「イオタ」、「ウラッコP250」、「カウンタックLP400」、「カウンタックLP500S」、「ディアブロ」、「ムルシエラゴ」、「ガヤルド」、「レヴェントン」、「アヴェンタドールLP700-4」の10種。50年間の中で生み出された車種は、50周年記念のキャンペーンの趣旨の通り、昔から現在に至るまで、厳選されてると言って良いだろう。

ご覧の通り、細部にまでこだわりが見せてある。製作にあたって、はホイールの再現率の高さや、各車形状を変えているところ、マフラー部分、窓の別パーツ、本体色をプラスチックの樹脂色ではなく塗装色にされている。ウラッコ含めて、リアのロゴまでしっかり再現されてあった。

小さいけれど、このミニカーたちが、色を含めて細かい部分までこだわっているのは見ればすぐにわかるし、ランボルギーニの象徴的な金色の牛のエンブレムだって、目を凝らして見てしまうほど繊細である。


ちょっと残念なのは、カタチ全体がデフォルメカーであるため、直線で形作られた先鋭的で男性的なランボルギーニが、かわいくなってしまった印象を受けてしまうところ。でも、スケールモデルではないのでいたしかたないところだろう。

ミニカーを取り出すとき、ランボルギーニからのメッセージも入っているから見逃さないでほしい。
そこにはこう書かれている。

"Attendiamo impazienti iL 2013 per festeggiare il 50° anniversario con tutti i fans Giappone."
「2013年に日本の皆さんと50周年を祝える日を楽しみにしています」

Related Gallery:WANDA lamborghini
WANDA lamborghiniWANDA lamborghiniWANDA lamborghiniWANDA lamborghiniWANDA lamborghiniWANDA lamborghiniWANDA lamborghiniWANDA lamborghini

Related Gallery:WANDA
WANDAWANDAWANDAWANDAWANDAWANDAWANDAWANDA


ミニカー(正式にはプルバックカー)のついた缶コーヒーの発売は、来週の5月8日から。アサヒ飲料ワンダ「金の微糖」を買えばついてくる。いつもの通り、コンビニエンスストアで販売だ。

無くなり次第終了だから、欲しい人は忘れずに。

関連サイト:ネコパブリッシング社「ROSSO」