【北京モーターショー2012】トヨタが中国専用HVコンセプト「雲動双擎」を世界初公開!
トヨタは今月23日から開催中の北京モーターショーで、中国市場専用のハイブリッドコンセプト、「雲動双擎(ユンドンショワンチン)」を世界初公開した。シャープなスタイルが目を引く雲動双擎は、スモールクラスのコンセプトモデル「Dear~亲(チン)」と、発売前から受注が殺到している後輪駆動スポーツカー「86」と供に公開されている。

トヨタは、雲動双擎のハイブリッドパワーユニットの開発を、中国常熟市にある同社の研究開発センターで進めてきたという。豊田章男社長はプレスカンファレンスで、「ハイブリッド技術で中国のお客様を笑顔にしていきたい。中国で作られたハイブリッドカーでハイブリッドの魅力をお届けしていく」と述べた。

一方のホンダは今月初め、自動車販売が急増する中国市場向けに、「アキュラ」ブランドをはじめとする少なくとも4種類のハイブリッド車の投入を発表。今年中に「CR-Z」、「フィット」、「インサイト」のハイブリッド車と、売り上げが最も期待されるアキュラ「NSX」のスポーツハイブリッドの販売を開始するという。

トヨタは、雲動双擎の市販バージョンの販売開始時期について現時点では明確にしていない。しかし、トヨタとホンダの中国での「ハイブリッド対決」には、今後注目が集まりそうだ。

Related Gallery:Toyota Yundong Shuangqing Photos

Related Gallery:Toyota at Beijing 2012 Photos


By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 トヨタ車の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!