【レポート】 開発保留のランボルギーニ「エストーケ」 復活するのは5年後か!? 
現在開催中の北京モーターショーで、ランボルギーニのSUV「Urus(ウルス)」がついにお披露目となった。そうなると、次に気になるのはすでにデビューして4年になる4ドアセダン「エストーケ」の進捗状況だ。

2008年パリモーターショーで、新モデルとして華々しくデビューを飾ったエストーケ・コンセプトだったが、その後、何の音沙汰もないままになっていた。そこで、アメリカの車情報誌『AutoWeek』はランボルギーニCEOのステファン・ヴィンケルマン氏に直接インタビューを試みた。セクシーなセダンよりも、SUVを優先することになった背景には何があったのだろうか。

「エストーケに適切なプラットフォームが見つからないなど、たくさんの理由があって一旦保留となった。だからと言って我々はあきらめたわけではなく、今回はランボルギーニらしさを打ち出せるSUVの方に、可能性を見出した」と語っている。

ウルスの市販化は2015年頃まで予定されていない。となると、エストーケはさらにその先ということになるが、今後の展開に期待するとしよう。

Related Gallery:2008 Lamborghini Estoque Concept Photos
2008 Lamborghini Estoque Concept Photos2008 Lamborghini Estoque Concept Photos2008 Lamborghini Estoque Concept Photos2008 Lamborghini Estoque Concept Photos2008 Lamborghini Estoque Concept Photos2008 Lamborghini Estoque Concept Photos2008 Lamborghini Estoque Concept Photos2008 Lamborghini Estoque Concept Photos


By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】ランボルギーニの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!