ホンダが久々に国内向けのオン・オフモデル、東京モーターショーでのお披露目以来、ファンが注目していた1台であるCRF250Lを市場に投入する。

250ccモデルとしては大柄な部類に入る車体は、同社のCBR250Rから流用されたエンジンのためか、独特の凝縮感をもった個性的なもの。フロントに は250mmのストロークを持つ倒立フォーク、リヤには240mmのホイールトラベルのプロリンクサスペンションを採用。

フロントフェンダー、ヘッドライトカバー、燃料タンクからシート、そしてリヤフェンダーへの流れるように続くボディーパーツは、まったくの新デザインで、グローバル展開されるであろうこのモデルのホンダの力の入れようの片鱗を伺い知ることが出来る。

CRB250Rから流用されたエンジンは、その素性の良さを十分に発揮し、吸排気系が専用とされたことで、一層、低速域からスムーズで、中速域、高速域まで気持ちよく力強い動力性能を発揮する。

外見とは異なり比較的大柄な車体とポジションだが、乗車時のサスペンションの沈み込みが大きく、875mmのシート高のわりに足つき性は悪くない。

いったん、走り出せば、オンロードではフロントに十分な荷重があたえられているために安定感もあり、オフロードでも良好なバランスで軽快なハンドリングが確保されている。

やや気になるのが、その車重、やはりオフロードではバランスを崩した際などでは大きな負担になる。車体全体の構成がもうワンクラス上のエンジンにも耐えうるような仕上がりを感じさせてくれるため、仕方ないとは言っても、常に車重を意識した乗り方が必要とされる。

ともあれ、オンでもオフでも、エンジンと車体、足回りのトータルバランスの良好さがこのCRF250Lの最大の特徴であり、ホンダの新生代のオン・オフモデルであることを実感させてくれる。

そして、大きな魅力はなんといても¥449,000(税込み)の車両価格で、発売日は5月14日だ。オフロードの世界をこれから垣間見てみたい向きから、もう一度オフロードを楽しみたいと考えている多くの人々に歓迎されるものである。

Related Gallery:HONDA CRF250L
HONDA CRF250LHONDA CRF250LHONDA CRF250LHONDA CRF250LHONDA CRF250LHONDA CRF250LHONDA CRF250LHONDA CRF250L


【PR】スポーティな新型車に買い換えをお考えなら!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!