「イヴォーク」のヴィクトリア・ベッカム モデルの詳細が明らかに
現在開幕中の北京モーターショーで、レンジローバーとヴィクトリア・ベッカムがコラボした「イヴォーク」の限定モデルが公開された。両者のコラボレーションは去年7月、賛否両論に迎えられながらスタート。公式デビューの数日前にリリースされた告知映像は「やや悪趣味」との声も上がったが、実物は文句なしにゴージャスな出来栄えとなっている。

同モデルは、パーソナルオーダーを受け付けるジャガー・ランドローバー社のエンジニアリング・トゥー・オーダー(ETO)部門が手がけており、マットブラックのボディに、グロスブラック塗装のホイールやローズ・ゴールドのアクセントを採用。内装はビンテージ風の本革シート、ラグジュアリー感あふれるモヘアのフロアマットやマイクロスエードのヘッドライニングが使用されている。さらに同じ高級素材で整えられたラゲージスペースには、本革製ラゲージの4点セットが付き、オーナーズマニュアルはヴィクトリア・ベッカムのサイン入り本革ケースに収められているそうだ。

スパイス・ガールズ時代から、「ポッシュ(お金持ち、スタイリッシュ)・スパイス」の名で知られたヴィクトリア・ベッカム。どうやらそのイメージ通りの限定モデルができあがったようだ。同モデルの価格はまだ明らかにされていないが、200台限定生産のうち、米国向けは5台だという。今後もイヴォーク「ヴィクトリア・ベッカムモデル」の情報が入り次第、お知らせしていくので楽しみにしてほしい。それまではプレスリリース(英語)で詳細をチェックしていただきたい。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 イヴォーグの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!