【ビデオ】イスラエルの高速で人身事故が発生! その驚きの原因とは?
イスラエルでは毎年、国際ホロコースト記念日(ナチスによって殺害された人々記念する日)に全ての国民が2分間の黙とうを行うのが恒例となっている。今年は4月19日に行われ、サイレンが鳴り始めると人も車もその場でストップし、黙祷を捧げたが、残念ながらこの慣習が2件の事故を引き起こすことになってしまった。

中東及びユダヤ人社会の情報サイト『Times of Israel』によると、被害者はどちらも女性で、黙祷を捧げるために車から降りたところをはねられたという。両名とも病院に搬送され、1人は重体とのことだ。

このような事故が起こると神聖な行事も台なしになってしまうが、この黙祷の様子を伝えるビデオを見れば、誰もが事故が2件で済んだことに驚くはずだ。黙祷の時間になると、思い思いに停止する車で高速道路は大混乱となり、サイレンが鳴り終わると、我先にと発進する車で更なる無秩序状態に陥る。厳粛な行事を無事に行うために何らかの手立てを、と思わざるを得ない。




By Chris Shunk
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 ランボルギーニの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!
【捕捉】 
rakugakidou.net