【噂】限りなく「M7」に近いハイパフォーマンスな 7シリーズが誕生!?
BMW Mのフリードリヒ・ニチェケ社長が、自動車情報誌『Car and Driver』のインタビューで、最高級セダン7シリーズにMパフォーマンスバージョンを加える構想があることを明らかにした。

BMW Mは3月に開催されたジュネーブモーターショーで、M3やM5といったMモデルとスタンダードモデルの中間に当たるモデルを開発する「Mパフォーマンスオートモビルズ」を発表。ガソリン車はもちろん、ディーゼルやAWDにも、Mの称号にふさわしいパフォーマンス性を供与するというものだ。

7シリーズには、恐ろしく速く、ラグジュアリーな「アルピナB7」(画像)があるが、それとは一線を画すような「M7」の誕生を待ち望んでいるファンも多いはず。それだけに今回の「Mパフォーマンス7シリーズ」構想には期待が膨らむばかりだ。

また、ニチェケ社長は今後のMモデルについて、ターボを採用し、スーパーチャージャーは視野に入れていないとコメント。マニュアル車は残すものの、シフト操作のミスでトランスミッションを破壊しないよう電子制御装置を付けるという。

Related Gallery:Un vistazo al Lenovo Ideapad U260


By Jeff Sabatini
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 BMWの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!