【北京モーターショー2012】ランボルギーニ、スーパーSUV「ウルス」を発表!
ランボルギーニは23日、北京モーターショーでSUVのコンセプト・カー「Urus (ウルス)」を発表。近い将来に市販化も考えられているようだ。

ランボルギーニによると「SUVのスーパー・アスリート」であるというウルスは、軽量デザイン・テクノロジーによって作られた車体に、約600psと発表されているパワフルなエンジンとフルタイム4輪駆動システムを搭載する4人乗りSUVのコンセプト・カー。4.99mの全長と1.99mの全幅はこのクラスの「スポーティSUV」としては標準的なサイズだが、1.66mの全高は競合車よりもかなり低くデザインされている。ちなみに「ポルシェ カイエン」と比較すると、約5cmずつ長く幅広く、そして低い。



左右に大きくエア・インテークが開いたフロント周りと "ツリ目" のヘッドライト、シャープなキャラクター・ラインが走るボンネットやドア、リア・フェンダー、六角形のエキゾースト・テールパイプなどに「アヴェンタドール」と共通するデザインが見られ、これが「ランボルギーニ」であること主張するが、市販化される際には同じフォルクスワーゲン・グループの高級SUV群、次期型「アウディ Q7」や「ポルシェ カイエン」、そして「ベントレー EXP 9 F」の市販型等とアルミニウム製シャシーやコンポーネントを共有すると見られている。ただしボディ・パネルにはランボルギーニ得意のカーボンファイバーを多用することで車体が軽量化され、エンジンも最も高出力にチューンされるため、パフォーマンスはブランドに相応しい仕上がりになるはずだ。

そのエンジンについては今のところ「約600馬力」という数値以外は何も発表されていない。市販されるときには他のランボルギーニ製スーパーカーのようなV12やV10は搭載されず、アウディの新型4.0リッターV型8気筒ツインターボをベースにしたものが採用される見込み。ハイブリッドも用意される、という情報もある。何せウルスは、動力性能だけでなくCO2排出量も「クラス最良」を謳っているのだ。



軽量化のためのカーボンファイバー技術はボディだけでなくインテリアにも多用され、センター・トンネルやシートはランボルギーニ独自の「フォージド・コンポジット」が使用されているそうだ。ステアリング・ホイールにはデュアルクラッチ式トランスミッションを操るシフトパドルが付き、メーター・パネルはプログラム可能なTFTスクリーンが採用されている。センター・コンソールに設置されたタッチパネルはエアコンやオーディオのコントロールとナビゲーション・システム用。後部座席にも同様のパネルが備わる。

24インチのアルミニウム鍛造ホイールはマットブラックで塗装され、5本ダブル・スポークの間に、「アヴェンタドール J」にも見られたブレーキ冷却用のカーボンファイバー製ウイングレットが装着されている。ハイト・コントロール付きサスペンションによって車高は3.5インチ(約8.89cm)上下させることが可能。フロント・スポイラーにも高さ調節機能が備わるので、オフロード走行時等にはアプローチ・アングルとロード・クリアランスを大きくすることができる。



ところで、ランボルギーニのSUVと言えば、もとはアメリカ軍用に開発された「チーター」を祖としながら、民生用高級オフロード車として市販化された「LM002」というモデルが知られている。今日世界的に成功を収めているスーパー・ラグジュアリーSUVというジャンルはこのLM002によって確立されたものであり、ランボルギーニはこのジャンルに関して豊富な知識と経験を持っている、というのが彼らの主張だ。

伝統に則って、ウルスという名前は雄牛から採られている。家畜牛の祖先となった大型の野生牛オーロックスのことを、ラテン語由来の言葉でウルスと言うらしい。もっと遡れば、urusとは山を意味するギリシャ語に由来するとか。同じ牛でも、闘牛にちなんだスーパーカー系の名前と趣を異にするのは意図したものか。



ランボルギーニ念願の「第3のモデル」となりそうなこのウルス。市販化は2016年頃、と見られている。年間生産台数は3,000台を想定しているというから、これが市販化されればランボルギーニの総販売台数は2011年度の約3倍ということになりそうだ。ターゲット市場はアメリカ、イギリス、ドイツ、そしてロシアと中国、それに中東諸国である。街で見掛ける「カイエン」の数を思えば、日本でも需要は結構あるのではないだろうか。

発表会の様子は以下の公式ビデオでどうぞ。



Related Gallery:Lamborghini Urus: Beijing 2012


Related Gallery:Lamborghini Urus


■関連リンク
ランボルギーニのSUV「ウルス」の画像がリーク!
【噂】ランボルギーニが間もなくSUVを発表!?
【PR】ランボルギーニの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べよう!