【ビデオ】日産の名車をコレクションした「日産記念車庫」を堪能するゴーン社長
ルノー社の取締役も兼務する日産自動車カルロス・ゴーン社長兼CEOが、神奈川県座間市にある日産記念車庫を訪問した。その様子を収めたビデオを入手したのでご覧いただこう。

日産記念車庫には、日産とダットサンが誇る歴代の名車、約400台が保管されている。中でもひときわ目を引くのは、初代「GT-R」やラリーカーのコレクション、それに神奈川県警のパトカーとして活躍した初代「フェアレディZ」などだ。また、ここに収められている車の7割以上は、現在でも走行可能とのこと。ゴーン社長は、展示車を見て回ったほか、67年式ダットサン「サニー 1000スポーツデラックス」などの製造に携わったエンジニア達と話したり、38年式ダットサン「17型フェートン」に乗って車庫内を走行するなど記念車庫を存分に楽しんだようだ。

これだけの名車が勢ぞろいしているので、ぜひ我々も訪れてみたいところだが、残念ながら一般公開はされていない。社長の特権が使えない我々は、動画でこの見事なコレクションを楽しむことにしよう。




By Chris Tutor
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】日産の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!