【噂】ポルシェの新型SUV「マカン」に最高出力375psのターボモデルが登場!?
ポルシェが開発中の小型SUVのモデル名が「ケイジャン」から「マカン」に決まり、2013年にデビューすることになったが、早速そのパフォーマンスモデルが登場するとの噂が飛び交っている。

これは英誌『Autocar』が報じたもので、ポルシェはすでに最大出力375psを発揮するマカンのトップモデルを開発中だという。トップモデルに搭載されるエンジンは、パナメーラカイエンの3.6リッターエンジンをベースに新開発された3.0リッター鋏角90°V6ツインターボチャージャーで、最大トルクは55kgmに達するという。

同誌によると、マカンにはさらに7速ダブルクラッチギアボックス、もしくは911譲りの7速MTタイプも用意されるという。顧客のオプションが広がることは大歓迎だが、マカンがフォルクスワーゲン製の前輪駆動用大型プラットフォームを使用することを考えると、オプションとの相性には注意が必要かもしれない。従来のポルシェのモデルとは、全く異なるメカニズムとなるからだ。もちろん、こうした報道は単なる噂であることも多い。真相は来年10月、英国での発売とともに明らかになるだろう。

By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 ポルシェの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!