これでF1中継もより楽しめる! 2012年のレーサー、マシンなどが一目瞭然の特製ガイド
F1情報サイト『YankeeF1』がF1世界選手権2012年シーズンの"スポッターズガイド"を発表したのでご紹介しよう。リストには各チームのマシンとドライバー、今シーズンの開催スケジュール、そして種類別に色分けされたタイヤなどがまとめられている。

今年は、4強(フェラーリ、レッドブル、マクラーレン、メルセデス)が昨年と体制を変えずに今シーズンに臨む中、それ以外のチームは大きく改革に踏み切った。ロータスケーターハムとの名称使用問題が解決し、両チームともドライバーを2人共入れ替えた。特にロータスは、元チャンピオンのキミ・ライコネンが復帰し、話題となっている。トロ・ロッソHRTもドライバーを総入れ替えし、ウィリアムズはルーベンス・バリチェロを解雇、同じブラジル出身のブルーノ・セナを迎え入れた。ヴァージンはその名をマルシャに改め、フォース・インディアは株式の約半分を所有することになったサハラグループ(スポーツプロモートの会社)が共同オーナーとなった。

とかく情報が満載のF1だが、このリストがあれば大丈夫。早速、次のレースで手元に置いてみよう。すべて一目瞭然で、レースが更に楽しめること請け合いだ。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【PR】 F1マシンの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!