【レポート】『トップギア』のジェレミー・クラークソン、本当は車よりも自転車が好き?!
イギリスの人気車番組『トップギア』 の名物プレゼンター、ジェレミー・クラークソンは以前、「排気ガスを出さない乗り物なんて認めない」と発言していたが、最近この考えに変化が表れてきたようだ。

ジェレミーはこのところ親しい友人たちに、デンマークの首都コペンハーゲンの自転車政策を大絶賛し、すぐにでもコペンハーゲンに引っ越したいとまで冗談まじりに言い出しているという。コペンハーゲンは早くから専用の自転車レーンの整備や、ドライバーとサイクリストが共存できるよう法の整備を進めており、現在では世界有数の自転車都市となっている。

近年、ロンドンでは交通渋滞解消のために自転車の使用が推奨されており、さらにオリンピック開催に向け、観光客にもレンタル自転車を使ってもらおうと、車道上に青くペイントした自転車用レーンまで設けている。しかし、車にとっては、もともと狭い車道が自転車レーンによってますます走りづらい状況になっており、ドライバーとサイクリストとの諍いが絶えないという。彼の発言は、無理やり自転車と車を共存させようとしているロンドンの自転車政策への批判があるようだ。

いつも歯に衣着せぬ物言いで、周囲を引っかき回しているあのジェレミーが、自転車に乗っている姿を想像するのは難しいが、言っていることは理解できる。ちなみに彼は以前、自転車ではなく三輪車に凝っていたようだが、どうやらうまく乗りこなせなかったようだ。

By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【ビデオ】7シーター、前後にラゲッジ空間、911より速い! テスラが新型EVを発表

【レポート】テスラが『トップギア』を名誉棄損で訴えていた裁判で番組側が勝訴!
【レポート】EVメーカー、テスラの社長と有名記者が新モデルを巡って7000万円の賭け
【ビデオ】テスラからの起訴に『トップギア』プロデューサーが初の反論!
【PR】 テスラ車の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!