F1第3戦中国GP予選で小林可夢偉が4位タイムを記録! 明日の決勝は3番手からスタート!
2012年F1第3戦中国GP予選が14日、上海インターナショナル・サーキットで行われ、ザウバー・チームから出場している日本人ドライバーの小林可夢偉が4位のタイムを記録した。

可夢偉の速さは、予選第1ラウンドから見られた。「ノックアウト方式」と呼ばれる現在の予選方式では、第1ラウンドで17位以内のタイムを出した選手のみが第2ラウンドに進出できる。今年のF1は予選における各選手間のタイム差が非常に少ないという特徴が見られるため、多くのドライバーが0.6秒程度速く走れると見られていた軟らかめのタイヤを履き始める中、可夢偉は硬めのタイヤのみで "第2ラウンド進出安全圏" のタイムを叩き出す。

第2ラウンドではチームメイトのセルジオ・ペレスに0.2秒だけ後れをとるものの、5番手のタイムを記録。昨年世界チャンピオンを獲得したセバスチャン・ベッテルは11番手のタイムしか出せず、この第2ラウンドでノックアウト。

そして第3ラウンド。小林可夢偉は、ジェンソン・バトンキミ・ライコネンフェルナンド・アロンソという歴代チャンピオンを抑えて見事4番手というタイムを記録。2位のルイス・ハミルトンはギアボックスを交換したことにより5グリッド降格のペナルティを受けるため、明日の決勝レースは3番手からのスタートとなる。

ポールポジションはメルセデスニコ・ロズベルグが初めて獲得。一人だけ異次元の速さとなる1分35秒121というタイムを叩き出すと、早くもマシンを降りて余裕の表情。2番手タイムのハミルトンが1分35秒626、そしてロズベルグと同じマシンに乗るミハエル・シューマッハが1分35秒691だったのだから、ロズベルグの速さは際立つ。そして4位の小林可夢偉は1分35秒784。今度はチームメイトのペレスに0.7秒以上の差を付けてみせた。

今年すでに終了した第1戦、第2戦を振り返ってみると、メルセデスは予選では速いが決勝レースではタイヤが他車より先に摩耗してしまう傾向があり、順位を落としてしまうことが多い。ザウバーの可夢偉が前に並ぶ2台のメルセデスよりもタイヤを上手く使い、そして後ろから迫る百戦錬磨のドライバーたちを抑え切れば、最終ラップにトップでチェッカーフラッグを受けることも決して夢ではない。



決勝レースは明日15日、日本時間の16時スタートだ。オートブログではいつものように結果速報とその後でレース・リポートをお届けする予定なので、TV放映を見られなかった方は、ぜひご覧ください。
嬉しい結果がご報告できることを祈りたい。


小林可夢偉の予選終了後コメント

「大変嬉しい。チームは素晴らしい仕事をしてくれた。これまでずっと言っていたように、我々は予選におけるパフォーマンスを改善させる必要があったけれど、今日ははっきりと改善されたと思う。ルイス・ハミルトンがギアボックスを交換したので、明日僕は3番手からスタートできるようだね。このスタート位置はもちろん、チャンスが多い。しかし、僕は "ドリーマー" ではない。目標は今まで通り、出来るだけ多くのポイントを獲得することだ。我々のクルマは戦闘力が高く、普段はタイヤに優しいから、十二分な確信を持って明日のレースを楽しみにしている」


予選順位と第3ラウンドのタイムは以下の通り。

1. ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1:35.121
2. ルイス・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス) 1:35.626
3. ミハエル・シューマッハ(メルセデス) 1:35.691
4. 小林可夢偉(ザウバー・フェラーリ) 1:35.784
5. キミ・ライコネン(ロータス・ルノー) 1:35.898
6. ジェンソン・バトン(マクラーレン・メルセデス) 1:36.191
7. マーク・ウェバー(レッドブル・ルノー) 1:36.290
8. セルジオ・ペレス(ザウバー・フェラーリ) 1:36.524
9. フェルナンド・アロンソ(フェラーリ) 1:36.622
10. ロマン・グロージャン(ロータス・ルノー)Q3出走せず

11. セバスチャン・ベッテル(レッドブル・ルノー)
12. フェリペ・マッサ(フェラーリ)
13. パストール・マルドナド(ウイリアムズ・ルノー)
14. ブルーノ・セナ(ウイリアムズ・ルノー)
15. ポール・ディ・レスタ(フォースインディア・メルセデス)
16. ニコ・ヒュルケンベルグ(フォースインディア・メルセデス)
17. ダニエル・リカルド(トロロッソ・フェラーリ)

18. ジャン・エリック・ベルニュ(トロロッソ・フェラーリ)
19. ヘイキ・コバライネン(ケータハム・ルノー)
20. ヴィタリー・ペトロフ(ケータハム・ルノー)
21. ティモ・グロック(マルシャ・コスワース)
22. シャルル・ピック(マルシャ・コスワース)
23. ペドロ・デ・ラ・ロサ(HRT コスワース)
24. ナレイン・カーティケヤン(HRT コスワース)


Image Credit: Sauber Motorsport AG

■関連リンク
雨による混乱のレースを制したのは!? F1第2戦マレーシアGP決勝結果!
F1開幕戦オーストラリアGP決勝結果!
小林可夢偉、グッドスマイルカンパニー社とのスポンサー契約延長を発表!
【PR】自動車保険は便利な一括見積もりで比較検討を!