【ビデオ】スーパーEV、アウディ「R8 eトロン」のこだわりの走行音製作風景を紹介!
今回、アウディのスーパースポーツEV、「R8 eトロン」のエンジンサウンド製作の様子が公開されたので、ご紹介しよう。

言うまでもないがEVには、エンジンがないため、普通の車のようなエンジン音が聞こえない。そこで同社のエンジニアたちは、eトロンの発売に向け、新しい走行サウンドを生むべく、試行錯誤している。あるエンジニアは、「R8 eトロンに必要なのは、音楽に近い感情に訴えるサウンドだ」という。

一般的に歩行者の耳に届きやすいのは電子音だと言われているので、従来のブザー音のようなもので間に合わせようと思えばそれも可能だ。しかし、アウディは日産「リーフ」や、映画『スターウォーズ』に登場するウーキー族の赤ちゃんが発するようなフォルクスワーゲン「Eゴルフ」の音とも違う、もっと洗練されたエンジンサウンドを模索中だという。

こうした業界の動きについて、視覚障害者団体からはメーカーごとにEVの音が違うのは妥当なのか、「車が接近中」であることを知らせる音をメーカー共通にすべきなのでは、という意見が寄せられているという。

現在、アメリカ国内では、EVの音についての法的整備はなされていないが、低速時における警報音については、まもなく検討が始まるようだ。 それでは、現在アウディが開発中のエンジンサウンドをビデオで確認してほしい。また、プレスリリース(英語)からは同社の音へのこだわりが伝わってくる。こちらも要チェックだ!



By John Neff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【ビデオ】未来のスポーツカー、アウディ「eトロン スパイダー」が快走!

アウディがEV「A3 e-tron」の詳細を発表
アウディがe-tron仕様のペダルカーをオモチャの見本市に出展
アウディが、「e-Tronスパイダー」の製作過程を公開!
【PR】 アウディの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!