BMWは10日、560馬力のV型8気筒ツイン・ターボを搭載する高性能高級クーペ「M6クーペ」とそのオープン・トップ版「M6カブリオレ」を日本でも発売。注文の受付を開始した。

BMWの高性能モデルに与えられる「M」の文字。これは、1972年に創立されたBMWモータースポーツ社を前身とする、BMW M社によって開発されたことを意味する。その現行ラインアップの中で頂点に位置するスーパー・サルーン「M5」のコンポーネントを、流麗なクーペ及びそれをベースとしたカブリオレ・ボディの「6シリーズ」と組み合わせたモデルがM6クーペとM6カブリオレだ。



現行型が4代目となるM5のパワートレインを、こちらは3代目にあたる6シリーズに詰め込んだ新型M6クーペが発表されたのは、今年3月に開催されたジュネーブ・ショー。M6カブリオレに至っては先週のニューヨーク・ショーで公開されたばかり。それが早くも日本で発売されることに決まったわけだ。と言っても、今は注文の受付が開始されたばかり。納車が始まるのはM6カブリオレが今年7月、M6クーペの方が遅れて10月からとなる予定。



現行M5譲りの心臓部は、「S63 ビターボ」と呼ばれる排気量4,395ccのV型8気筒ツインターボ。先代は「(当時BMWが参戦していた)F1から技術をフィードバックさせた」と豪語する自然吸気5リッターV型10気筒を搭載していたので、排気量・シリンダー数ともに減少=ダウンサイジングされたが、2基のターボチャージャーの力を借りて、最高出力は507psから560psへ、最大トルクに至っては53.0kgmから69.3kgmへと大幅に向上。しかもこの強大なトルクを、僅か1,500回転から5,750回転の間で発生させるというのだから、ツイン・ターボの威力は、F1直系であっても自然吸気ユニットでは真似できない。



このエンジンと7速ダブル・クラッチ式「M DCT ドライブロジック」トランスミッションの組み合わせにより、M6クーペは0-100km/hを4.2秒で加速するという。このタイムがどのくらい速いのかというと、4輪駆動の初期型「ランボルギーニ・ガヤルド」やV型12気筒エンジンを積む「アストン・マーティン V12 ヴァンテージ」と同タイムと言えば分かっていただけるだろうか。電動ソフトトップを備えるM6カブリオレはこれより0.1秒遅いだけ。4人で快適に乗りながら、(ちょっと前の)スーパーカーに比肩する動力性能をいざとなれば発揮できるところがM6の魅力である。もちろん、ダウンサイズの目的である燃費は先代モデルと比べて30パーセント以上も改善されているという。



外観では、大型エア・インテークを備えたフロント・エプロン、拡大されたトレッドに合わせたフロント・フェンダー、ディフューザー付きリア・エプロン、デュアル・ツイン・エキゾースト・テールパイプなどの「M専用装備」が装着され、さらにM6クーペのルーフはカーボンファイバー製となる。内装は「最高品質を誇る南ドイツ産の牛皮のみを使用」したというメリノ・レザー・インテリアと、カーボンファイバー・インテリア・トリムで、高級かつスポーティに仕立てられ、センター・コンソールにはM専用ディスプレイを装備。エンジン回転数や最適なシフト・タイミングなどの情報をフロント・ガラスに投影するヘッドアップ・ディスプレイも、Mモデル専用のMビュー・モード付きとなる。



足回りは、19インチの「M ライト・アロイ・ダブルスポーク・スタイリング」鍛造ホイールにフロント365/40R19、リア295/35R19というサイズのタイヤを装着。ブレーキは通常のBMWモデル用よりも軽くて制動力の高い「M コンパウンド・ブレーキ・システム」が標準装備となるが、オプションでさらに20kg軽量で耐フェード性および耐摩耗性に優れた「M カーボン・セラミック・ブレーキ・システム」も装着可能。エンジン・パワーを左右の駆動輪(後輪)の間で0〜100%まで自在に配分する「アクティブ M ディファレンシャル」も標準で装備される。



BMWジャパンの付けた価格は、M6クーペが1,695万円。M6カブリオレが1,760万円(いずれも消費税込み)。市場ではライバルになると見られる「メルセデス・ベンツ SL 63 AMG」や「ポルシェ パナメーラ ターボ」に比べれば "割安" に感じられるかも。

詳しい情報はいつものように以下のリンクから公式サイトをご覧いただきたい。

BMWジャパン・ウェブサイト

Related Gallery:HTC Rhyme ya es oficial


Related Gallery:Microsoft Touch Mouse, Explorer Touch y Arc Touch


Related Gallery:LaCie Little Big Disk Thunderbolt


Related Gallery:Nikon V1 y J1: Imágenes oficiales


■関連リンク
【ビデオ】BMWニュー「M6」のスポーティーな走りを映像で!
【スパイショット】BMW「M6グランクーペ」をキャッチ!
【ビデオ】「GT-R」と「M5」を徹底比較! 結果は意外にも...
【PR】新型M6の購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!