3月15~18日にアメリカ テキサス州ヒューストンで行われたMVPモータースポーツ主催のモータースポーツイベント「TX2K12」でスープラとS2000の熱いバトルが行われた。この白熱したバトルでは強大なパワーを誇るS2000がまるでチョロQのようにウイリーしてしまうのだ。

このドラッグレース仕様にチューニングされたS2000には、アリストやスープラに搭載された高出力エンジンのトヨタ製の2JZエンジンが搭載されている。比較的軽量なボディのS2000にチューニングされたハイパワーターボエンジンが搭載されれば、ウイリーしてしまうのも頷けるだろう。ウイリーしてしまうとドライバーは前も見えず、ステアリング操作も効かなくなってしまう。そのウイリー走行を1度ではなく3度もしてまでアクセルを踏み込むドライバーの度胸には感服だ。



■関連リンク
S2000でココまでやる?! 引っ張りオニキャン、ツライチ仕様!
ホンダ車チューナー「SPOON」が手掛けた「S2000」!
【ビデオ】有名ドリフターが「スープラ」でド迫力のドリフトを披露

【PR】自動車保険一括見積もり