モンスター田嶋、パイクスピークに今年は電気自動車で初参戦!
今年7月に米コロラド州で開催される「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム」。スタートとゴールの標高差が1,440mという世界で最も過酷なヒルクライムレースに、「モンスター田嶋」こと田嶋伸博選手が電気自動車(EV)での参戦を発表した。

このレースを6連覇中の田嶋選手は、昨年「スズキ SX4」を改造したマシンで9分51秒278というコースレコードを樹立した。もちろん、それはエンジンカーで成し得た偉業である。

田嶋選手は今回、日本の電気自動車普及協議会(APEV)のチーム「Team APEV withモンスタースポーツ」が開発したEVで、自身のコースレコードの更新に挑戦することになる。チームは、東日本大震災の復興支援や、EVの素晴らしさを子供たちに知ってもらうこと、シニア世代を元気づけることなども目的としている。今年62歳になる田嶋選手がどんな活躍を見せてくれるか楽しみだ。

昨年は、日産リーフACプロパルジョン製のモーターを搭載したカスタムカーの2台のEVがパイクスピークに挑戦した。今年は、三菱自動車のEV「アイ・ミーブ」も参戦を発表しており、電気自動車のレース動向に注目したい。

By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【ビデオ】見応え満点! 10台の車体カメラがとらえたモンスター田嶋のパイクスピーク映像
【ビデオ】パイクスピークで6度目の王者に輝いたモンスター田嶋の走りをビデオで!
【ビデオ】ノーマルのポルシェ 911 GT2 RSがパイクス・ピークをアタック!
モンスター田嶋、「スズキ SX4」を大改造したマシンで「パイクスピーク」6連覇達成!
- 自動車保険一括見積もり