【ビデオ】破産はしたけどマシンは立派! サーブ「9-3」がツーリングカー選手権に参戦
2011年12月に破産を申請したサーブだが、そのブランドが完全に消滅してしまうわけではないらしい。それを証明するのが、先週発表されたレースカー、サーブ「9-3 TTA」だ。開発を担当したのは、スウェーデンに本拠を置く、レーシングコンストラクターのFlash Engineeringと Team Tido。同車はスウェーデンで開催されるツーリングカー選手権『レーシング・エリート・リーグ』の2012年シーズンに参戦するという。ライバルはボルボBMWシトロエンだ。

先日、フランスで最初のテスト走行を無事に終えた9-3 TTA。今後、微調整が施され、その後スウェーデンに場所を移して公式テストが行われる予定だ。

ビデオでは9-3の快走と快音がお楽しみいただける。レース本番での活躍を大いに期待したい。

Related Gallery:Sony NEX-5R




By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
サーブがコンバーチブル・モデルの25周年を祝福!!!

サーブの販売部門トップがジャガーへと電撃移籍?!
製造中の愛車が観れる?!サーブの新サービス

【スパイショット】サーブ 9-5 経営危機のなか新型発表なるか?
【PR】 サーブの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!