国土交通省が、26日に「ナンバープレートのあり方に関する懇談会」中間とりまとめを公式サイトで発表しました。

「希望ナンバー制」の導入や、地域・観光振興などの観点から「ご当地ナンバー」も視野にいれているようです。また、ナンバープレートには、世界的に統一基 準が設けられていないということもあり、横長の形状がいいという一部自動車ユーザーからの要望を踏まえ、今後プレートに盛り込む情報・文字も増えればサイ ズも変更していくことも検討しているとのこと。

サイト内でも、国民の声を反映すべく、パブリックコメントとして意見募集を行っています。募集期間は平成24 年3 月26 日(月)から平成24 年4 月24 日(火)17 時まで。(郵送の場合は締切日までに必着)

意見提出方法は、サイトにある意見提出様式に日本語で記入し、電子メール(テキスト形式)、FAX、郵送で受け付けています。詳しくはサイト内の資料をどうぞ。

コスト面を踏まえても導入はすぐにというわけにはいかないようですが、個性的なナンバープレートが将来つけられることを考えれば、こだわりのある方こそ、一読しておくのも悪くないかと思います。

■関連リンク
実はとんでもないことが!? 虚偽広告でホンダを訴え、勝訴した女性のその後

【レポート】「高級車だけを取り締まれ!」 イタリア政府が行った驚きの課税大作戦!
【ビデオ】CNNがトヨタの社内資料から「急加速を認識」と報道!
【レポート】テスラが再び『トップ・ギア』を名誉棄損で訴え!
【レポート】「広告より燃費が悪い」とホンダが敗訴した裁判の詳細情報
【PR】 新車の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!