Autoblogの読者からこんな情報が寄せられたのでご紹介しよう。デロリアンを電気自動車に改造し、車検を通過して公道を走っているという方が日本に存在したのである。

去年もデロリアンをEV化したものが2013年に発売されるとお伝えしてきたが、今回はもうすでに、自らの手で電気自動車として走らせている方がいたというから驚きだ。

広島にお住まいの藤井さんという方が、この「EVデロリアン」の開発者である。
藤井さんによれば、もともと「壊れないデロリアン」が欲しくて、レストアの手段としてEV化を考え始めたとのこと。そこで不動車を探していたところ、事故で全損扱いになった車両がネットで売りに出ていたのを発見し、プロジェクトを明かして交渉したところ、EV化を成し遂げることを条件に無償で譲ってもらったのが、全ての始まりだそうだ。

プロジェクト開始は、ベース車を入手する前の2007年から。公式ブログ「デロリアンEV化計画」を立ち上げ、Twitterも活用しながら情報の発信と収集を続けた。
2008年2月にエンジンを外した状態のデロリアンを広島に運んでからは、マツダOBなどスタッフ4~5人が、月2回から、多い時はほぼ毎週末集まって製作に没頭。約1年で完成させた。その間の様子は動画でも公開している。2009年3月に車検通過。2011年3月の2回目の車検では、電気自動車なので重量税が免除となった。正真正銘の「エコカー」である。
デロリアンのEV化によって「イノベーションを強く感じた」と語る藤井さんは現在も、更なるアップグレードと再生可能エネルギーとのコラボを目指し、活動を続けている。街中を疾走するEVデロリアンの様子は、直接取材をした方の動画をご覧になっていただきたい。

情報提供者に感謝!

Related Gallery:ev-delorean






Source:Soundtrack Detective

■関連リンク
映画で有名な「デロリアン DMC-12」、実車は一体どんなクルマ? オーナーにも訊いてみた!

映画『バック・トゥ~』のデロリアン第1号車が完全修復へ!
【ビデオ】'13年に発売予定のデロリアンEVに試乗!
価格は3000万円以上! 『バック・トゥ・~パート3』で実際に使用されたデロリアン
【PR】 デロリアンの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!