【レポート】「高級車だけを取り締まれ!」 イタリア政府が行った驚きの課税大作戦! 
ギリシャの財政破綻に端を発したヨーロッパの財政危機。次に危ないと言われているイタリアは、約205兆円もの公的債務を抱えており、借金を返済しようと様々な対策を練っている。その一環として、数年前に税務当局がヨットオーナーに納税調査を行ったが、昨年末、当局はその第2弾として高級車のオーナーをターゲットにした調査を行い、その結果を発表した。

昨年の年末に、イタリア財務警察は高級スキーリゾート地のコルティーナダンペッツォで、ランボルギーニやフェラーリなどを含む約150台の高級車を取り締まり、その登録情報を税務署へ提出。税務署が高級車オーナーたちの申告所得を調査した結果、約60人が、年間所得を約432万円以下と申告していることが判明した。また、メルセデス・ベンツを保有していた、ある会社経営者に至っては納税記録すらなく、妻は生活保護を受けていたという悪質なケースもあった。

こうした高級車オーナーをターゲットにした取り締まりは、富裕層の多いローマやミラノなど各地に広がっており、この動きに危機感を覚えたオーナーたちが赤字覚悟の価格で車を売却しているらしい。中には、警察に止められることを恐れて車の買い取り店にさえ行くことができず、担当者に車を取りに来てほしいと頼むオーナーもいるとか。

イタリアにおける脱税額は年間約13兆円にものぼるが、今回の対策や新たな税導入により、年間約17兆3000億円の税収が見込めるらしい。借金1000兆円を超える日本も他国の笑い話として見ている場合ではないだろう。

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【レポート】フェラーリのモンテゼーモロ会長がついにイタリア首相に立候補?

じっくりと眺めて欲しい! フェラーリ「458イタリア・スパイダー」が正式デビュー!!
世界一美しいガソリンスタンドがイタリアにオープン!
【ビデオ】イタリアのバス運転手が勤務中に2台の携帯を操作して解雇!?
【捕捉】 rakugakidou.net
【PR】 メルセデス・ベンツの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!