【ジュネーブ2012】フィアット「500」を大型化した「500L」が登場!(ビデオ付き)
現在開催中のジュネーブモーターショーで、フィアット「500」のニューメンバーとなる「500L」がお目見えした。

500Lは名前の"L"が示す通り、フィアット500よりも一回り大きくなっている。それに伴いフィアットは、エクステリアだけでなくインテリアも刷新。特にインストルメントパネルは、コンパクトにまとまっていた500のそれとは、だいぶ違うものとなっている。ルーフラインは、MINI「カントリーマン」(日本名:MINI「クロスオーバー」)に似ているが、フィアット500同様、この500Lにも30色ものボディカラーのバリエーションが揃っていているという。

欧州では年内にも発売開始の見込みで、2気筒ツインエア、1.4リッター4気筒ガソリンエンジンそして1.3リッター「マルチジェット」搭載のディーゼルエンジンが用意される。残念ながら欧州以外での発売については発表されていないが、そう遠くないうちに明らかになるだろう。

では、新登場のフィアット500Lをビデオでチェックしよう。じっくり見たい方にはギャラリーもおすすめ。詳細はプレスリリース(英語)を確認してほしい。

Related Gallery:BRAVIA X9 4K, imágenes oficiales



By Chris Paukert
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【ビデオ】お騒がせ俳優、チャーリー・シーンが「500アバルト」の新CMに登場!

【ビデオ】クロムメッキ仕上げのピカピカな「アバルト695トリブートフェラーリ」
【ビデオ】フィアットが「500 by Gucci」のCMにジェニファー・ロペスを再び起用
【PR】 フィアットの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!