【ビデオ】CNNがトヨタの社内資料から「急加速を認識」と報道!
2010年に話題となったトヨタ車の予期せぬ急加速問題について、CNNの看板番組『アンダーソン・クーパー360°』は、トヨタが急加速の事実を認識していながら隠していたと報じた。今回は、この内容を伝えるニュース映像を入手したのでご紹介しよう。

この報道の根拠となったのは、日本語で書かれたトヨタの社内文書の英訳文であるという。これに対してトヨタは、英訳文の誤訳であると抗議している。米国NHTSA(高速道路交通安全局)および米国学術研究会議の調査結果では、急加速の原因はアクセルペダルが床マットにひっかかったり、人為的な操作ミスによるものとするトヨタ側の説明を支持している

トヨタは、問題の社内文書を連邦政府に届け出ていなかったことは認めたが、「社内文書と急加速とは全く関係がない」と語っている。というのも、文書の内容は、日欧で販売されているレクサス「LS460」の開発過程におけるACC(車間自動制御)システムについて書かれたものだという。同社のエンジニアがCNNに説明したところによると、ACCシステムはテスト段階では正常に作動しており、そこで見つかった問題点は改善されているとのことだ。

番組には、FBIがトヨタに問題なしとする調査報告を発表した後に、レクサスで走行中に予期せぬ急発進を体験したという女性が登場する。トヨタは彼女が運転していた車両と取得したデータを分析した結果、急加速の原因はペダルの操作ミスであると結論付けている。

それではCNNの放送シーンと同局に対して発表したトヨタの抗議文(英語)も用意したので、併せてご覧いただきたい。




By John Neff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【噂】チーフエンジニアが明言! トヨタが「86」のカブリオレを開発中!!

【大阪オートメッセ2012】 走りもすごい!アルファードG'sスポーツコンセプト初公開!
【大阪オートメッセ2012】 TRDプロデュースのレクサスGS Fスポーツが一般初公開!
トヨタの新型コンセプトカーは次世代「ヴィッツハイブリット」!?
【PR】 レクサスの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!