【ビデオ】試乗車のマスタングで家に突っ込んだあの少年がTV番組に出演し、家族に謝罪!
先日、父親のもとに届けられた新車のマスタングに興奮した少年が、免許もないのにエンジンをかけ、あろうことかそのまま自宅のガレージに突っ込んでしまうという動画をご紹介した。このビデオが撮影されたのは6年前だが、今年になってYouTubeにアップされたところ、あっという間に大人気を呼び、世界中のユーザーからアクセスが殺到。この人気に目を付けた人気TV番組『トッシュ・ポイント・オー』が、当時14歳だった少年を番組に呼び、当時の話を詳しく聞いているので、その話の一部をご紹介しよう。

番組では司会のコメディアン、ダニエル・トッシュが成長した少年にインタビュー。少年から当時の秘められたエピソードが語られた。14歳だった少年ジョーイは、その日ディーラーから届いたばかりのフォード「マスタング シェルビーGT500 エレノア」を見て大喜び。興奮して、運転席に乗り込み、エンジンをかけたところ、誤ってアクセルを踏んでしまい、自宅のガレージの壁をぶち抜いてしまったという。実はこのマスタングは試乗車で、少年の父親は試乗するだけのつもりで、購入する気はなかったそうだ。しかし、父親は結局、破損した新車を480万円で買い取り、240万円をかけて修理するはめになったという。ガレージ奥にあるバスルームも修理せざるをえなかったというから、相当な痛手だったはず。

ちなみに、ジョーイはこの事件の後、ショックで半ベソ状態だったというが、泣きたいのは父親のほうだったことは間違いないだろう。

By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【ビデオ】父親の新車に大喜びの少年! テンションが上がりすぎて驚きの事態に!!

【レポート】タンポンに火をつけ車の爆破をもくろんだ情けな~いカップル!
【ビデオ】ラストにも注目! バイクvsパトカーのドリフトバトル!!
【PR】 フォードの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!