300ps以上、足回りの強化などが施された3ドアボディの「M135iコンセプト」が登場
3月6日にスイスで開幕するジュネーブモーターショー。そこでBMW公開するプロダクトについては先日すでにお伝えしたが、そこに「Mパフォーマンスオートモビル」のモデルとしては初となるガソリンエンジン搭載車、「M135iコンセプト」が加わることがわかった。

これまでに発表されている「Mパフォーマンスオートモビル」の1シリーズは、5ドアボディだったが、このコンセプトモデルでは3ドアとなっている。BMWによると、この新モデルは"よりダイナミックでシャープな外観"を持たせるため、5ドアモデルではなく、3ドアを選んだという。

M135iには、最高出力304psを上回るパワーを発揮するツインターボの3.0リッター直列型6気筒が搭載され、サスペンションの強化、18インチのアロイホイールが装備されている。

では高解像度ギャラリーにアップした新コンセプトの写真を早速チェックしてみよう。詳細はプレスリリース(英語)よりどうぞ。

Related Gallery:BMW M135i Concept Photos


By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【スパイショット】BMW の新型「3シリーズツーリング」をキャッチ!

【ビデオ】実際は公表スペックより24ps上! 新型「328i」の本当のパワーを計測
【ビデオ】「M5」と「GT-R」の徹底検証パート2! 今回はサーキットで性能を比較!!
【PR】 M135iコンセプトの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!