プジョーが
プジョーは今年のジュネーブモーターショーで「XYコンセプト」(上写真)と「GTiコンセプト」(下写真)を披露する。どちらも「208」のアップグレードモデルとして提案されたコンセプトカーだが、「XY」は都会的なイメージ、「GTi」はスポーティーなイメージとターゲットが異なっている。

XYは出力115psのディーゼルハイブリッド仕様でトランスミッションは6速MT。ボディは「Pulsion」と呼ばれる16層コープジョーがト仕上げで、見る角度によってボディカラーが違って見えるという。内装はブラックレザーにパープルのアクセントがつき、ダッシュボードにもパープルが効果的に使われているなどラグジュアリー感たっぷりだ。

一方のGTiは、グリル下にフランスもしくはイギリスの国旗があしらわれており、内装はナッパレザーと布地を組み合わせ、ダッシュボート上部はアルカンターラ仕様。足回りはXYよりもスポーティーな仕様になっているという。

詳細はプレスリリース(英語)で確認してほしい。ジュネーブのショーの前に高解像度ギャラリーで予習をしておくのもいいだろう。

Related Gallery:Peugeot 208 XY Concept Photos

Related Gallery:Peugeot 208 GTi Concept Photos


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
プジョー、新型ホットハッチ「208 GTI」の画像を公開!

【ビデオ】プジョーから新型コンパクトカー「208」がデビュー!
【噂】フラッグシップモデルに悩むプジョー! 本命はハイブリッドクロスオーバーの「HX1」?
【PR】 プジョーの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!