今や高級ミニバンの代名詞となった「アルファード」は、兄弟車の「ヴェルファイア」とともに圧倒的な商品力でライバルのエルグランドやエリシオンを引き離してきたが、高級路線とは一転してスポーティ嗜好のユーザーへ向けたG'sシリーズのコンセプトカーが「大阪オートメッセ2012」で初公開された。
G's(ジーズ)とは、G SPORTSの略称であり、セリカGT-FOUR、や4A-Gエンジンなど、トヨタ伝統のスポーツモデルに冠せられてきた"G"を。受け継ぐスポーツコンバージョンシリーズである。このG'sは、GAZOO Racingプロジェクトがニュルブルクリンク24時間レースなどに参戦することから始まったということだ。そしてそこで得た「クルマの味づくり」をライン装着したパーツで実現しているのだ。トヨタ系スポーツパーツとして、TRDやTOM'S、モデリスタなどがあるが、G'sの最も違う点は、車両生産ラインで組みつけられることによるロープライスな設定とライン装着ならではの充実した装備である。


今回初展示されたモデルは、「東京オートサロン2012」にて公開された「ヴェルファイアG'sコンセプト」のアルファードバージョンとなる。ハイエンドアスリートミニバンというコンセプトでチューニングされたアルファードは、エクステリアとしては、専用のフロントバンパー、ラジエータグリル、LEDラインビーム、ヘッドランプ エクステンションブラックカラー化、G'sエンブレム(サイド、リヤ)、リヤバンパー、マフラーバッフル、リヤコンビ エクステンションブラックカラー化、カーボンバックドアガーニッシュ、ボデーストライブを装着。

インテリアは、フロントスポーティシート+全席アルカンターラ表皮ステアリング(本革+レッドスティッチ+ピアノブラック加飾)、シフトノブ(本革+レッドスティッチ)、センタークラスター(ダークスパッタ)、インパネ&ドアスイッチベース ピアノブラック加飾、アルミペダル、専用メーター、G'sロゴ付きプッシュスタートスイッチ、専用フロアマットにを装備。

機能部品としては、19インチアルミホイール&高性能タイヤ、フロント2ポットフローティングキャリパー、フロント・リヤ スポーツブレーキパッド、床下ボディ補強、ロッカー部溶接追加、リヤフロア下アンダーカバーで"気持ちのよい走り"を追求している。

外装だけがドレスアップされるミニバンが多い中、床下ボディ補強や、ロッカー部溶接追加など本格的にボディが補強されている点は見逃せない。発売、価格とも未定とのこと、また現状ではブラックアウトしたリアコンビランプ等保安基準に適合していない点があり、発売する車両との差異は出るようだが走りの楽しさを忘れられない"オヤジ"は是非チェックして欲しい一台だ。


You tubeもチェック!


Related Gallery:G's Alphard


■関連リンク
【大阪オートメッセ2012】ナニワ流ドレスアップカー集結!キャンギャル動画も!‐輸入車編‐
【大阪オートメッセ2012】ナニワ流ドレスアップカー集結!キャンギャル動画も!‐国産車編‐
【東京オートサロン2012】これぞ 群馬の「LFA」?
【PR】自動車保険一括見積もり