30psのパワーアップと軽量化された新「カリフォルニア」がジュネーブに登場!
3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショーに、パワーアップ&軽量化されたフェラーリの「カリフォルニア」が登場する。

ショーでお披露目されるカリフォルニアは、最大出力が30psアップし、497psとなっている。これは新しいエキゾーストマニフォールドの導入と、ECUのアップグレードによるもの。また、アルミボディの改良により30kg軽量化が施され、0‐100km/h加速はわずか3.8秒と、現行モデルよりさらにパフォーマンスが向上しているそうだ。

また、オプションで「ハンドリングスペシャルパッケージ」も用意されているという。このパッケージには、「599」のために開発された電子制御磁性ダンパー(フェラーリ)を採用されており、クイックなギア比と強化スプリングにより、よりスポーティーな走行が楽しめるということだ。

新型カリフォルニアの情報は、数週間後にジュネーブからお伝えする予定だ。それまでは、カリフォルニアの姿を高解像度ギャラリーでお楽しみいただきたい。詳細が気になる方はプレスリリースをチェックしよう。

Related Gallery:iida Ply und Prismoid


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【スパイショット】「カリフォルニア」のターボモデルが登場!?

【レポート】30psのパワーアップ!フェラーリ「カリフォルニア」がマイナーチェンジ!
【ビデオ】ポルシェ「ケイマン」がフェラーリ「360」「カリフォルニア」に玉突き事故!
【PR】 カリフォルニアの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!