【スパイショット】BMW 「i8」のドアはこう開く!
以前ご紹介したスパイフォトでも確認できた通り、BMWのプラグイン・ハイブリッド・スポーツカー「i8」は2014年のデビューに向けて、着々とテストを重ねているようだ。

しかし、写真で見るプロトタイプには何かが足りない。BMW 「i8 Concept」で目を引いていたベルトラインのガラスパネルがなくなっているのだ。どうやらあの都会的なデザインは、i8にも姉妹モデルのコンパクトEV「i3」にも採用されないようだ。

一方、i8 Concept通りに採用されそうなのが、今回確認できたバタフライドア。映画『ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル』の劇中でも目にしたあのクールなドアだ。メルセデスSLS AMG」のガルウィングドアのような派手さはないが、フェラーリ「エンツォ」やマクラーレン「SLR」のように、ルーフの高さまで開くデザインになっている。

カモフラージュのシートを取った姿を早く見たいものだ。

Related Gallery:Curve 8520


By Damon Lavrinc
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【スパイショット】外観は映画のまま! 『M:i-4』に登場したBMW「i8」がテストを開始!!

BMW、ハイブリッド・スーパーカー「i8」を発表!
【ビデオ】BMW「i8」が、テスト走行する貴重映像を複数入手!
【PR】 BMW i8の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!