これを見て、あれや、これやが解れば貴方はかなりの○○通だ。

今では、こんな走りしたらパ リ中のパトカーと白バイに追われるか、オービスで何千枚もの写真を撮られて、莫大な罰金を支払うことになるかのどちらかである。

市内は50キロ、高速だって130キロ。数年前からめっぽう速度違反に厳しくなったフランス、パリ。そう、世界の花の都、天井のない美術館、パリを爆走するフェラーリからのシーンが続く。

これを見て、パリの通りの名前や、名所、旧跡の名前が言えたら貴方はかなりのパリ通。道行くクルマのヘッドライトの黄色い光にこれが撮られた年代が思い浮かんだらやはりクルマ通。ラストシーンの仲むつまじい二人のファッションで年代が解ればファッション通。
まぁ、しっかりクレジットが あるから色々と解ってしまうのだが。その年代にこんな撮影が出来たことと、美しい映像、もちろん、素晴らしいドラテクにも脱帽の一作。

因みに、ドライバーはM.トランティニア ンという元F1ドライバーで、監督はC.ルルーシュ。公開直後に逮捕されたとか。

このビデオでの最高速は220km。撮影車両はメルセデス450SEL、排気音はフェラーリ275GTB、等々諸説あるのだが、美しい早朝のパリをお楽しみいただきたい。


■関連リンク
【ビデオ】雪に覆われたニュルブルクリンクをレーシングカーで走ってみたら

【ビデオ】まるでWRC!? 白銀のステージを疾走するフェラーリFF!!
【ビデオ】最後のオチまで必見! スーパーモトのライダーが魅せる絶技の数々!!
【PR】 メルセデス450SELの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!