トヨタの新型コンセプトカーは次世代「ヴィッツハイブリット」!?
3月にスイスで開催されるジュネーブモーターショーで、トヨタが初公開するコンセプトカー「FT-Bh」のティーザースケッチを入手したのでご紹介しよう。

FT-Bhは、ハイブリッドシステムを搭載したシティカー。トヨタによると、今のところ市販の予定はないが、将来は低燃費の街乗りコンパクトカーとしてヨーロッパでの発売を目指しているという。また、高価な素材は使用せず、既存の技術を活用して生産することで、低価格なモデルにしたいとのことだ。

そして、このモーターショーに同じく登場するトヨタ「ヤリス(日本名ヴィッツ)ハイブリッド」の市販バーションは、既存のプラットフォームとテクノロジーを採用した低価格のスモールハイブリッド。電気モーターと組み合わせた1.5リッターガソリンエンジンの最高出力は約100psと、既に欧州市場へ投入されているトヨタ「オーリス ハイブリッド」と比べ20%の軽量化に成功。トヨタは同車を「欧州初のフルハイブリッド・スーパーミニ」と呼んでいるが、はたしてスーパーミニとシティカーの境界はどこにあるのか。このFT-Bhこそが、次世代の「ヤリスハイブリッド」になるという噂もある。

FT-Bhの詳細については、プレスリリース(英語)でチェックしてみよう。

Related Gallery:Apple iPad Premiere


By Damon Lavrinc
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
フェラーリが「599」の後継「F620」を3月のジュネーブでお披露目!?

【ビデオ】日産が新しいコンセプトカーを公開! 13年に発売予定!!
発売も視野!? スズキがTMSに展示したコンセプトカーの車名を改め、ジュネーブで公開

【PR】 ヴィッツハイブリッドの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!