【シカゴオートショー2012】マツダ「MX-5」スペシャルエディションがお目見え!
今月8日に開幕したシカゴオートショーで、マツダ「MX-5」のスペシャルエディションがお披露目された。

マツダは1989年にマツダ「MX-5ミアータ」(日本名:ロードスター)を発表して以来、このシカゴオートショーで、MX-5の新型を披露してきた。今回登場したスペシャルエディションは、ブラックのリトラクタブルハードトップとガンメタリック塗装のホイールを装着しているのが特徴だ。また、インテリアにもヒーター付きのブラックレザーのシートを採用するなど、黒が基調となっているようだ。

このスペシャルエディションにはプレミアムパッケージとサスペンションパッケージが用意されており、後者にはビルシュタイン社製品が採用されている。価格は約247万円からで、販売予定台数は米国でわずか450台。2月末からディーラーに並ぶという。同車の詳細についてはプレスリリース(英語)を確認してほしい。

では、「MX-5」スペシャルエディションの姿をギャラリーでチェックしよう。

Related Gallery:Selbstwiegender Reisekoffer

Related Gallery:Crows Nest Anti Piraten Drohne


By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
マツダの次期型「ロードスター」は、現行型より15%以上軽くなって2013年に登場!

【ビデオ】まさに神業! ロータスのドライバーの超アグレッシブドライブ!!
【SEMA】マツダ「ロードスター」にスパイダー登場、さらに「デミオ」のターボモデルも!
【PR】 マツダRX-5の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!