【レポート】命名権を買った寒気団がヨーロッパで大被害! MINIが異例の謝罪
海外ではハリケーンや台風などの気象現象に人の名前を付けたりすることがよくあるが、驚いたことに、ドイツではそれらの命名権を約2万円で買い取ることができるらしい。そこで、MINIのことをもっと身近に感じてもらおうとBMWは、ヨーロッパに接近しつつあったシベリア寒気団の命名権を買い、「クーパー」と名付けた。

ところがこの寒気団「クーパー」、先月末から今月初めにかけてヨーロッパ中で猛威を振るい、暴風や豪雪による大きな被害をもたらした。その影響で少なくとも100人が死亡、1000人を超える負傷者が出ているという。あまりにも悲惨な事態を受け、BMWは「命名する気象系を選択することはできないため、その大きさや被害を予測ことは不可能だった」と、異例のコメントを発表した。

この寒気団の他にもう1つ、「ミニー」と名付けた温暖前線の命名権を購入していた同社。「クーパー」の被害にあった人々の心を少しでも温めてくれることを心から祈っているに違いない。

By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【スパイショット】レトロさを一新!? 新型MINIのインテリアをキャッチ!

ポルシェとの対決でミニが発表したのは、"偽物"ロードアトランタサーキット
【ビデオ】タイヤもデコる時代が到来!?
【PR】 MINIの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!