【ビデオ】全米が感動! クリント・イーストウッドが出演したクライスラーのCM
昨年クライスラーは、スーパーボウル用のCMにラッパーのエミネムを起用し、"Imported From Detroit(デトロイトから輸入)"というキャッチコピーでデトロイトを称える映像を作り上げた。今年もクライスラーは同じキャッチコピーを用いて、再びデトロイトを舞台にCMを製作。アメリカを代表する名優クリント・イーストウッドを起用して、大きな話題を集めた。

「ハーフタイム・イン・アメリカ」というタイトルがつけられたCMは、その名の通りスーパーボウルのハーフタイムに2分間にわたって放映された。CMの中でイーストウッドはクライスラーの本拠地であるデトロイトが活気を取り戻しつつあることを語り、どんなに苦しい経済状況にあってもアメリカが復活を遂げることは不可能ではないと熱く訴えかける。

CMは昨年に劣らず素晴らしい出来で、多くのアメリカ国民の感情を揺さぶったに違いない。クライスラーの渾身の作品を、ぜひご覧いただきたい。




By John Neff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【ビデオ】氷上だって安定した走りを実現! 「ジュリエッタ」の新PVを紹介

【レポート】フィアットがクライスラーとの統合を前にフェラーリを売却か!?
再選は大丈夫!? オバマ大統領の愛車がオークションに出品されたが、入札はゼロ!
【PR】 クライスラーの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!