【シカゴオートショー2012】フルモデルチェンジしたアキュラ「RDX」がデビュー!
ホンダが北米で展開する高級車ブランド、アキュラが、現在開催中のシカゴオートショーで新型「RDX」を公開した。新型は今年1月のデトロイトオートショーで「RDXコンセプト」として公開されているが、今回発表された市販モデルではボディカラーとホイールデザインを一新。「より広い室内空間」と「パワーアップしたエンジン」、更に「燃費の向上」と「進化した全輪駆動システム」をうたい文句にしている。

新型RDXは、現行モデルの2.3リッターV4ターボエンジンを33ps上回る3.5リッターV6エンジンを搭載。トランスミッションには新しい6速オートマチックを採用。燃費は前輪駆動モデルが市街地で約8.5km/l、高速で約11.9km/l、全輪駆動モデルはそれよりやや劣る約8.1/lkm(市街地)と約11.5km/l(高速)だそうだ。

キーレスエントリーシステムやインターネットラジオに接続できるインターフェースなどワンランク上の機能が追加され、パワーリアゲートも装備されている。新型RDXと、同時に発表された新型コンパクトセダン「ILX」の詳細はプレスリリース(英文)で確認して欲しい。

オートブログは、現地時間19日まで開催されるシカゴオートショーの続報を引き続きお伝えしていくので、どうぞお楽しみに!

Related Gallery:2013 Acura RDX live photos Photos

Related Gallery:2013 Acura RDX Photos


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【ビデオ】新旧「NSX」の走りが楽しめる! 「NSXコンセプト」の新イメージ映像が公開!!

映画『アベンジャーズ』のアキュラの詳細が公開! 価格は日本車史上最高の7億円!?
【ビデオ】新型「NSX」のCMが早くもオンエア! 46台のポルシェを持つ有名コメディアンも登場
【PR】 アキュラの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!