発売も視野!? スズキがTMSに展示したコンセプトカーの車名を改め、ジュネーブで公開
昨年12月に開催された東京モーターショー2011で、独創的なデザインで異彩を放っていたスズキのコンセプトカー「REGINA(レジーナ)」。同社の欧州法人が、レジーナの車名を「G70」に改めて3月開幕のジュネーブモーターショーに展示すると発表した。

新しい名前は、CO2排出量が70g/kmという優れた環境性能に由来しているようだ。G70は、3気筒のガソリンエンジンを搭載した総重量を730kgのコンパクトカー。燃費はリッター当たり約32kmを実現している。

気になる市販化についてはまだ不明だが、情報が入り次第お伝えするので楽しみにしていて欲しい。G70コンセプトの詳細はプレスリリース(英語)をどうぞ。

Related Gallery:Samsung Wave 723


By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【東京オートサロン2012】スズキのデザイナー自らカスタマイズした「スイフト スポーツ」!

【東京モーターショー2011】スズキの個性的なコンパクトカー「REGINA」は、32km/L以上の低燃費!
【東京モーターショー2011】スズキ、発売前の新型「スイフト スポーツ」を公開中!
【PR】 REGINAの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!