アロンソとマッサに今度は「グランドチェロキーSRT8」フェラーリ仕様がプレゼント!
この世の中で、フェラーリF1ドライバーほどオイシイ職業はないだろう。彼らは世界最高水準のマシンのハンドルを握れるだけでなく、フェラーリが傘下に入っているフィアットグループの車までもらえるのだ。これまで所属ドライバーには、フェラーリ「458イタリア」、フィアット「アバルト695 トリブートフェラーリ」マセラティ「グランカブリオ」などが贈られてきた。そして今回、フェルナンド・アロンソフェリペ・マッサに贈られたのは、クライスラー「ジープ・グランドチェロキー」のハイパフォーマンスモデル「SRT8」だった。

同車は6.4リッターV8エンジン「HEMI」を搭載しており、0-100km/h加速はわずか4.8秒。車の授与はフェラーリが所有するイタリアのフィオラノサーキットで行われ、2人にはヨーロッパでの発売を控えた同モデルの最初の2台が贈られたという。

しかも2台は市販では手に入らないフェラーリ仕様車。ボディはフェラーリレッド、フロントグリルとルーフはブラックでペイントされており、アクセントとして黒のストライプとカーボンファイバーのトリムがあしらわれている。さらに、通常より4センチほどローダウンされた足回りには20インチのホイール、インテリアには真っ赤なレザーと黄色のレブカウンターが使用されている。

誰もが欲しくなるようなモデルだが、これを手に入れるためには名門レーシングチームのドライバーになるしかないらしい。さしあたって我々はプレスリリース(英語)とギャラリーで、真っ赤なグランドチェロキーSRT8を堪能するとしよう。

Related Gallery:Camcorder Sanyo Xacti VPC-GH3


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【ビデオ】アロンソとマッサが「フェラーリFF」で雪山でのスラロームに挑戦!
【ビデオ】フェラーリが「599アロンソ・エディション」を計画?
【ビデオ】フェラーリのF1ドライバーが、「458 スパイダー」を増上寺でお披露目!
【PR】 グランドチェロキーの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!