先日のデトロイトショーでデビューし熱心なファン達の熱い視線を集めたHondaNSXコンセプト」が、日本の熱心なファンの前にもお披露目されることとなった。最初の披露は今日行われた2012年Hondaモータースポーツ活動計画発表会の場。

席上、Hondaの伊東社長が「意のままに操ることができ、環境性能を備えた、スポーツハイブリッド、スーパーハンドリングオールホイールドライブ」と紹介したこのモデルは、素材等は不明だが軽量ボディーに、V型6気筒 VTEC直噴エンジンをミッドシップに搭載、高出力のハイブリッドシステムを採用した 「SportHybrid SH-AWD(Super Handling All Wheel Drive)」スーパースポーツ。

SportHybrid SH-AWDはモーター内蔵のデュアルクラッチトランスミッションで、フロントには左右の独立したモーターによる電動4WDシステムを採用したHondaらしい独自性が大きな特徴。

どこか、初代のDNAを感じさせ、NSXファンの心を鷲づかみして離さなそうルックスで、短くワイドになった車体はHondaの自信すら漂わせている。ちなみにタイャは225/55ZR19(フロント)と275/30ZR20(リヤ)を履く。

初代との大きな違いは、世界の名だたるスーパーカーを追うことなく、HondaのHondaによるHondaならではのスーパースポーツを強烈に感じさせる存在感と言えようか。

3年後にアメリカでの発売を目指し、日本でもその後発売予定とされる。次世代のNSXを待望するファン達の心はさびることなくこのNSXを待ち続けるに違いない。

北米から、ヨーロッパへのワールドツアーの途中に立ち寄ってくれた日本には、わずか2日間の滞在となるが、この「NSX コンセプト」に一目逢いたい人 は、2月4日(土)、5日(日)の間にHonda青山ビル1階ショールームに急ぐべし。なお、開館時間は午前10時~午後6時である。


とり急ぎ撮影してきた動画も公開してみたので、興味のある方は参考までに。


■関連リンク
【ビデオ】新型「NSX」のCMが早くもオンエア! 46台のポルシェを持つ有名コメディアンも登場

【デトロイトオートショー】新型「NSX」の生産は米オハイオ州で。その理由とは?
【ビデオ】新型NSXが人気ゲームに早くも登場!
【捕捉】 rakugakidou.net
【PR】 NSXの購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!