日産15.7%、三菱11.7%...。2011年の値引き率ランキングを発表!
昨年、アメリカでは自動車の売れ行きが好調だったが、1台でも多くの車を売るために最も有効な施策は、結局のところ"値引き"らしい。今回は、自動車販売サイト『CarWoo!』が発表したアメリカにおける自動車メーカー値引き率ランキングをご紹介しよう。

このデータによると、昨年、対前年比の売り上げが44%増と業界トップに輝いたジープが、値引き率でも17.7%とランキングトップに輝いている。同様に、対前年比の売り上げ増2位の三菱は11.7%、3位の起亜は12.1%と、どちらも大幅な値引きを実施している。ただし中には例外もあり、インフィニティは、12.2%もの値引きを実施したにも関わらず、売上高は対前年比4.8%減に終わった。

『CarWoo!』はこれ以外にも、地域別や年齢別の値引き率など興味深いデータを公表している。ぜひチェックしてほしい。


By John Neff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

■関連リンク
【ビデオ】ジェイ・レノが、シボレー・ボルトを購入!

【レポート】車の購入を左右するのは、「価格」ではなく「ディーラー」の対応!
車購入の際に感情的になるのは、男性か、女性か
【PR】 日産の購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!